諦めない為の方法

ヘッドセットをした女性

毎日の生活の中で、ちょっとお金に困った時に気軽に借り入れができて非常に便利なキャッシング・サービスですが、それは借りたお金の使い道が基本的に自由なのです。そのようなサービス商品のことを、多目的ローンと言います。それに対して住宅の購入など、借りたお金の使い道が厳しく限定されるサービス商品のことを、目的別ローンと言います。どちらも金融機関からお金を借りることに違いはありません。しかし、多目的と目的別とを比較すると、目的別ローンのほうが低金利に設定されていて、利用者にはとても有り難い商品となっています。しかし、その代わり審査の難易度は高くなっていますので、せっかく申し込み手続きをしても審査落ちの可能性は多目的よりも高くなってしまいます。

一般的に、住宅やマイカーなど、購入価格が比較的高額になってしまう商品の場合は、自己資金が足りない場合は目的別ローンを組んで購入するのが普通です。しかし目的別の場合は、申し込み手続きも通常のキャッシングよりも面倒で審査も厳しくなります。しかし、だからと言って申し込みも審査も簡単なキャッシングを利用して住宅やマイカーを購入しようとするのは、あまりにも現実離れした方法です。もしもそんなことをしたら、利息の支払い負担に耐え切れなくなってしまうに違いありません。ですから、消費者は多目的と目的別の二つのローンを適宜に賢く使い分けるべきです。もちろん、遊び金欲しさに目的別ローンに偽りの申し込みをしてはいけません。それはれっきとした犯罪です。